ライフ

アドトラックのドライバーが「爆音」対策で耳栓!違反の可能性も

アドトラックとは、大きな音量で楽曲や宣伝を流しながら繁華街を走るのですが「爆音」な為にアドトラックのドライバーが耳栓、イヤホン、ヘッドホンを装着しながら運転していることがあることが問題になっています。その行為が違反の可能性もあるという。今回の問題について

アドトラックのドライバーが「爆音」対策で耳栓

最近、都内の繁華街を運転するアドトラックのドライバーが「爆音」対策で耳栓などを装着したまま走行していることがわかった。

近年のアドトラックは、大きな音量や派手な電飾ものが多く、公共空間に馴染まない広告宣伝者に対して、住民からの苦情が増加している。

またアドトラックの音量のうるささにドライバーに直接文句をいうトラブルも出ています。

 

ドライバーが耳栓をするのは違法な可能性も

警視庁によると耳栓などを装着して運転することについて、「安全運転い必要な交通に関する音または、音が聞こえないような状態」であれば、東京都道路交通規則第8条第5号に違反する可能性があります。罰則は、5万円以下の罰金となります」と話す。

実際の条文は「高音でカーラジオ等を聞き、又はイヤホーン等を使用してラジオを聞く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと。ただし、難聴者が補聴器を使用する場合又は公共目的を遂行する者が当該目的のための指令を受信する場合にイヤホーン等を使用するときは、この限りでない」とある。

ヘッドホンやイヤホンを装着しながらの運転に関して、直接規定している条文は、各都道府県公安委員会が定めるものを除けばないということ。

アドトラックへの対応

東京都では、10年ほど前からアドトラックについての苦情が多いという。そこで、東京都では2011年、屋外広告物除霊施行規則を改正して、広告宣伝者のデザインの自主審査制度をスタートさせた。審査は、業界団体などで構成する「公益社団法人東京野外会」(東京都千代田区)が実施した。この自主審査が通らなければ、アドトラックは都内を走行できない。

しかし、他県のナンバーは審査対象にならない為、他県ナンバーのアドトラックは自主審査関係なく都内を走行している。

 

ネットの声

法律や道路交通法に全然詳しくないんですが、ナンバーで規制するのではなく地域で規制して「ここの地域には該当する車両を乗り入れて音を出してはいけない」というように出来ないのでしょうか?大多数の人が迷惑しているのですから、対象地域は「少しでも苦情のあった所」とすれば良いと思います。

 

バクオンはダメです。常識の範囲内の音量でしょう!法律違反してないから取り締まれないなどの問題があると思いますが、一般常識レベルを越える違法性があるようなケースなら、簡単に取り締まれるようにする規則が必要かと思います。
やったもん勝ちは許してはダメです!

 

水商売系じゃなくて、アイドルタレント系の新曲宣伝のアドトラックもたまに見かけますね。
あれって、不快なだけで宣伝になってないような気がするんですけど。そのアイドルタレントの事務所やレコード会社に苦情は入らないのだろうか?

 

個人的にこういうのあまり見かけない気はするが。
でも一度、ステアリングにもたれかかるように
ながらスマホしてる大型車を見たときはドン引きした。

 

どこのナンバーだろうと、都内は音を出しての走行禁止にすればよいのては?