事件

大和良彰の顔画像は?大阪府警職員が飲酒運転をした動機がひどい

16日、乗用車を運転して通行人の男性と接触し、酒気帯び運転をしたとして大阪府警職員の大和良彰容疑者(44)が逮捕されました。

飲酒運転した動機もひどいです。

大和良彰容疑者の顔画像や今回の事故について調べてみました。

大和良彰容疑者の顔画像とプロフィール

 

こちらが逮捕された大和良彰容疑者のプロフィールになります。

名前:大和良彰

年齢:63歳

住所:大阪府太子町

職業:府警本部装備課の一般職員

大和良彰容疑者の顔画像は現在のところ報道されていませんでした。

SNSのFacebook等のアカウントについて調べてみましたが同名のアカウント発見にも至りませんでした。

引き続き調査します。

こちらが大和容疑者が勤務している大阪府警察本部の地図になります。

逮捕後は大和容疑者も容疑を認めています。

大和良彰容疑者が逮捕された事故概要

スポンサーリンク



飲酒運転をし、事故を起こしたとして大和良彰容疑者が逮捕された事故概要はこちらになります。

16日午前0時半ごろ、太子町太子の府道で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転して通行人の男性(63)と接触し、手などにけがをさせた疑い。

道交法違反(酒気帯び運転)などの疑いで、大阪府警本部装備課の一般職員・大和良彰容疑者(44)=同府太子町=を現行犯逮捕した。

大和容疑者は事故後に自ら119番し、呼気検査で基準値を超えるアルコールが検出された。

出典:KYODO

事故現場について

こちらが事故現場周辺の地図になります。

スポンサーリンク



大和良彰容疑者が飲酒運転をした動機

大和良彰容疑者が飲酒運転をした動機ですが、妻を駅まで迎えに行き、自宅へ戻る途中だったとのこととで、逮捕後は「自宅で飲んでいた。駅まで近いのでばれないと思った」と供述しています。

飲酒運転をした理由が、近くてバレないと思ったとはひどい犯行動機です。

府警本部職員が飲酒運転をし事故を起こしたことはとても残念です。

しかし、事故を起こした後に飲酒運転をしていたのにも関わらず、自ら119番するなど最低限な対応はしたと思います。

事故当時は大和容疑者の妻も同乗していたとのことですが、妻は大和容疑者が飲酒運転をしていると知っていたのか知らなかったのかも気になるところです。

スポンサーリンク



まとめ

府警本部職員が飲酒運転で逮捕されました。

今回は被害者の男性も大きなけがはしていないようで良かったですが、近いからとかバレないと思ったなどの理由で飲酒運転をすることはやめてもらいたいです。

もし飲酒運転で事故を起こせば罪に問われ後悔するのは自分です。

最低限、ルールを守って運転してくれる願いたいです。

最後まで記事を読んで頂きありがとうございました。