事件

川本秀行さんの遺体と判明。復顔イメージを公開。10年前の琵琶湖バラバラ殺人事件。

2008年に琵琶湖で起きた琵琶湖バラバラ事件の遺体が川本秀行さんであることが判明しました。

約10年前の事件の被害者の遺体が判明とは驚きのニュースが報道されました。

犯人逮捕に向けて事件の大きな進展ですね。

今回の事件について調べてみました。

事件概要

スポンサーリンク



こちらが今回報道された事件概要になります。

2008年に滋賀県近江八幡市などの琵琶湖岸で切断された男性の遺体が見つかった琵琶湖バラバラ殺人事件」で、滋賀県系は30日、遺体は野洲市永原の職業不詳・川本秀行さん=当時(39)=と判明した、と発表した。

事件発覚から10年余りがたち、解決へ向けて大きな局面を迎えたことになります。

事件は08年5月17日、近江八幡市牧町の琵琶湖岸で足首から先がない両脚が見つかった。その後、6月23日までに東近江市と大津市、草津市の岸辺で頭部、足首から下の左足、両手が見つかった。全て同一刃部の遺体で、絞殺されたとみられているという。

県警は、似顔絵を描いたポスターを大量に作成し、解決に結びつく情報に報奨金300万円を提供する制度を適用していた。

出典:京都新聞

10年前の殺人事件の遺体の身元が判明という驚きのニュースが入ってきました。

10年前の技術では遺体の判明が難しかったのが、技術の進歩により遺体の判明ができたのでしょう。

また10年前の事件でも捜査を進めている証とも言えます。

このニュースにより、川本秀行さんの遺体と判明したということで川本さんの家族も悲しみを覚えていることでしょう。

犯人は未だ逮捕されていませんがこの事件の進展で犯人も逮捕されることを願いたいです。

川本秀行さんの復顔イメージとプロフィール

 

こちらが遺体の身元として判明した川本秀行さんの復顔イメージとプロフィールになります。

出典:京都新聞

名前:川本秀行

年齢:当時39歳

住所:野洲市永原

職業:不詳

これ以上の情報は今のところ報道されていません。

スポンサーリンク



事件現場

こちらが遺体の一部が見つかった 滋賀県近江八幡市周辺の地図になります。

スポンサーリンク



犯人は?

犯人は現在のところ逮捕されていません。

しかし、被害者の遺体の身元が判明したことで、川本さんと関係があった人が犯人の可能性が高いことから、警察も川本さんと関係があった人を中心に今後捜査を進めるでしょう。

こんなひどい殺人犯が逮捕されずに生活を続けていることは本当に許せません。

スポンサーリンク



まとめ

ネットの声でも10年前の遺体の判明に警察の捜査の技術に驚いている人が多かったです。

また犯人も今になって遺体の判明をされるとは思っていなかったので動揺しているでしょう。

1日も早く犯人逮捕のニュースが入って来ることを願いたいです。