地域

平井浩晶さんが事故で命落とす。鋼板切断機で起きた事故原因について

19日、福山市の鉄鋼加工工場で、作業員の平井浩晶さん(39)が機械にはさまれ、命を落とす事故がありました。

鋼板切断機で起きた事故原因や事故が起きた工場について調べてみました。

作業員が鋼板切断機にはさまれる事故

スポンサーリンク



作業員が鋼板切断機にはさまれる事故が起き、平井浩晶さんが亡くなりました。

こちらが事故概要になります。

19日午前5時45分ごろ、福山市大門町の原田鋼業の従業員から「30代の男性が機械で首を切って大量出血している」と消防に通報があった。

この事故で会社員・平井浩晶さん(39)=福山市駅家町=が病院に搬送されましたが、2時間後に死亡が確認されました。

平井さんは午前5時から3人の作業員と鋼板切断機を使って作業をしていて、何らかの事情で機械の下に入りはさまれたということです。

警察は作業員に話を聞くなどして、業務業過失致死の疑いも視野に事故原因を調べている。

出典:広島ホームテレビ

事故発生時間が午前5時ということで夜勤だったのでしょうか。

業務内容に問題がなかったのか気になるところです。

このような形で平井さんが亡くなり、家族も大変悲しんでいることと思います。

ご冥福お祈りいたします。

平井浩晶さんについて

こちらが平井浩晶さんのプロフィールになります。

名前:平井浩晶さん

年齢:39歳

住所:福山市駅家町

職業:会社員

これ以上の情報公開はなく、SNSのFacebook等のアカウントについても調べてみましたが同名のアカウント発見にも至りませんでした。

スポンサーリンク



事故現場について

出典:広島ホームテレビ

会社について調べてみたところグループ会社で社員はグループ合計で117人いるようです。鉄鋼の加工などをしていている会社のようです。

スポンサーリンク



鋼板切断機について

出典:Google画像

こちらが鋼板切断機の写真になります。機械にも色々種類があるので、正確にはどの機械かわかりませんが、平井さんが機械の下にはさまったということからこのような大きな切断機だと思われます。

これだけ大きな機械なので鋼板を切るパワーもすごそうなのでこんな機械にはさまれては命を落としても不思議ではなさそうです。

スポンサーリンク



事故原因について

現在のところ事故原因は明らかにされていませんが、機械の下にはさまるということで、不具合があり機械の調子をみる為に機械の下を覗いていたことも考えられそうです。

または事故の時間が午前5時ということで、夜勤であれば一番疲労も溜まっている時間帯ではあると思うので疲れと睡魔から注意力が欠けていたことから普段では有りえないミスでこのような事故に繋がったのではないでしょうか。

スポンサーリンク



まとめ

詳しい事故原因は明らかになっていませんが悲しい事故です。

ネットの声でも「他人事ではない、自分も気をつけないと」という声もありました。

職種によっては事故が命に関わることもあると思います。

このニュースをみた人が改めて仕事に対する注意力を高めて事故防止を心がけて欲しいと思います。