事件

伊藤泰光の顔画像とSNS!容疑は認めるもこの逮捕は悔いが残ります

三重県津市で、17歳の少年が無免許と知りながら車を貸したとして伊藤泰光が逮捕されました。

17歳の少年も無免許で伊藤泰光容疑者の車を運転して衝突事故を起こし、ひき逃げしたとして逮捕された。

伊藤泰光容疑者の顔画像やSNSと今回の事件について調べてみました。

伊藤泰光容疑者の顔画像とSNS

スポンサーリンク



こちらが逮捕された伊藤泰光容疑者のプロフィールになります。

名前:伊藤泰光

年齢:20歳

住所:津市神戸

職業:会社員

伊藤泰光容疑者のSNSのFacebook等のアカウントを調べたところで住まいと名前と年齢も一致しているアカウントを発見しました。

本人のアカウントの可能性は極めて高いと思われます。

報道ではこれ以上の情報は公開されていないのでこちらでも情報公開は控えさせていただきます。興味があれば検索してみてください。

こちらが検索結果になります。→Facebook伊藤泰光検索結果

警察の調べに対して伊藤泰光容疑者は容疑を認めています。

伊藤泰光容疑者が逮捕された事件概要

17歳の無免許の友人に車を貸したとして伊藤泰光容疑者が逮捕された事件概要はこちらになります。

三重県津市で、17歳の少年が無免許で友人の乗用車を運転中、2台の車と衝突し2人をけがさせたうえ、そのまま逃げたとして逮捕された。

逮捕されたのは、津市桜田町に住むとび職の17歳の少年です。

少年は、今年10月、津市垂水の県道で、知人に借りた乗用車を無免許で運転中、対向車線を走っていた2台の車と衝突し、27歳の女性と66歳の男性に軽いケガをさせたうえ、そのまま逃げた無免許過失運転傷害やひき逃げの疑いが持たれています。

少年は、事故後に乗っていた車を放置して逃げたことから、警察は車の所有者を特定し、少年が無免許であることを知りながら車を貸した疑いで、会社員・伊藤泰光容疑者(20)=津市神戸=も逮捕された。

2人とも容疑を認めています。

出典:CBCテレビ

なぜ伊藤容疑者が免許を取れない年齢の友人に自分の車を貸してしまったのでしょうか?

17歳の少年が何かしらの理由があって車を運転したくて伊藤容疑者に車を借りたのかもしれませんが、事故を起こし、現場から逃げるのは絶対になってはならないことです。

また伊藤容疑者に借りた車を事故後に乗り捨てて逃げるとは伊藤容疑者に対する裏切り行為だと思います。

もちろん自分が無免許で事故を起こし、伊藤容疑者に借りた車も破損させてしまったことに焦りや動揺するのは当たり前ですが無免許で友人の車を借りるなど、愚かな行為だったと思います。

伊藤容疑者も親切な気持ちで17歳の少年に車を貸したのでしょうが、まさかこのような事故を起こし、自分まで逮捕されるとは思ってもいなかったでしょう。

事故を起こす可能性を考え、その場合に自分がどうなるかも冷静に考えるべきだったのではないでしょうか。

スポンサーリンク



事故現場

こちらが事故現場の写真と容疑者が運転していた車の事故後の写真と周辺の地図になります。

 

出典:CBCテレビ

事故後の車の写真からするとかなり勢いで衝突して、これでは走行も不可能かもしれませんね。

スポンサーリンク



伊藤泰光容疑者の犯行動機は?

伊藤泰光容疑者の犯行動機ですが、17歳の少年に頼まれ車を貸してしまったのでないでしょうか?

親切心での行為で、事故を起こさなければ大丈夫という軽い気持ちで貸したのでしょうがまさか友人がこのような事故を起こし自分も逮捕されるとは想像もしていなかったでしょう。

このような事態になり、車を貸したことを大変後悔していると同時に17歳の少年の行為にも怒りを覚えているのではないでしょうか。

スポンサーリンク



ネットの声

このような、やからには、教習所で学んで免許証を取得するという考えがないのだろう。
無免許の人間は車を運転できないシステムをつくってほしいな。

とび職という定番はさておき、安心安全の少年法でガッチリ守られるのかな。
ひき逃げは実刑でお願いします。

ネット上でも厳しい声が飛んでいます。

この事件で思うのは車を貸した伊藤容疑者は実名を出され、無免許運転でひき逃げをした17歳の少年は少年方で守られているのもどうかと思います。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。