地域

片坐康祐くんが心臓移植手術を受け帰国!【顔写真】や現在の様子

重い心臓病の為、アメリカで心臓病を受けた京都市の7歳の男の子が帰国し、両親が手術成功の報告をしました。心臓移植手術を受けたのは片坐康祐くんです。康祐くんの顔写真や現在の様子や今回の手術成功までの経緯について紹介します。

スポンサーリンク



片坐康祐くんが心臓移植手術を受け帰国

一昨年に渡米した片坐康祐くんですが、今年ついに臓器の提供者が現れ、移植手術を受け無事に移植手術は成功し帰国しました。

母親の片坐美子(よしこ)さんは会見で「本当に色んな人が助けてくださって。命が助かりました。ありがとうございました。元気になって野球ができるようになってうれしいと、部屋の中を走り回っています」と話しました。

 

康祐くんの移植手術が無事に成功した本当に良かったです。康祐くんも両親も本当に大変だったと思いますが移植手術が成功してみんなで無事に帰国できたて喜んでいることでしょう。康祐くんと両親が諦めなかったことが起こした奇跡ですね。

 

片坐康祐くんの移植手術成功までについて

片坐康祐くん(7)は2014年、「拘束型心筋症」という難病で、心臓手術以外に治療法がないと診断されました。両親は募金活動で1億6000万円集め、一昨年に渡米した。そして今年に臓器提供者が現れ、心臓移植を受けることができ無事に成功した。

 

両親も康祐くんが「拘束型心筋症」だと、診断を受け心臓手術しか治療法がないと宣告されたときには本当にショックだった思います。また心臓移植となるとお金もかなり必要ですし、臓器提供者が現れないと手術を受けることもできないので運もいります。両親が募金活動してたくさんの募金が集まったことにより実現した手術にもなるのでたくさん人の協力があっての今回の手術成功ですね。

スポンサーリンク



 

片坐康祐くんの顔写真

名前 片坐康祐
年齢 7歳

康祐くんが元気な姿で帰国できて良かったです。野球が好きなようなのでこれから好きな野球を楽しんで学校生活も楽しんで欲しいですね。康祐くんは2学期から学校に通う予定だということです。現在も野球をして元気に走り回っているようです。

スポンサーリンク



ネットの声

運がいい。
これだけの金額が集まると順番も早いんだと
改めて思った。

我が子にもしそうなったとしたらこの親御さんと同じ気持ちになると思う。
この先も色々と困難なことがあるかもしれないけれど、頂いた心臓、募金して下さった方々に感謝して大好きな野球を頑張って生きて欲しいですね。

 

日本で移植を受けれないことがおかしい。
1億6千万円と聞いて、諦めざるを得なかった患者がどれだけいるのでしょう。

 

いろんな方の募金のおかげで助かったことを忘れないでください。
ひとりのアメリカ人の順番が後回しになったことを忘れないで…その人は早くに亡くなってしまうかもしれません、かなりの確率で。

 

片坐康祐くんが心臓移植手術を無事に成功させて帰国して良かったです。両親やたくさんの人によって助けられた命でもあるので感謝の気持ちを忘れず一生懸命生きてこれまで病気で苦しんだ分、たくさん好きなことして楽しんで欲しいですね。