事件

比留間賢司の顔画像は?中学校教頭が飲酒運転!勤務先の学校を特定

25日、札幌市西区で、中学校の教頭・比留間賢司容疑者(57)が飲酒運転をし逮捕されました。

勤務先の学校を特定しました。

比留間容疑者の顔画像や今回の事故について調べていきます。

比留間賢司容疑者について

スポンサーリンク



こちらが逮捕された比留間賢司容疑者のプロフィールになります。

名前:比留間賢司

年齢:57歳

住所:札幌市

職業:中学校教頭

比留間容疑者の顔は現在のところ報道されていませんでした。SNSのFacebook等のアカウントについても調べてみましたが「比留間賢司」という同名のアカウント発見にも至りませんでした。

警察の調べに対して、比留間容疑者は「寝たので酒が抜けていると思った」と話しています。

比留間賢司容疑者が逮捕された事故概要

比留間賢司が飲酒運転をし、タクシーに追突する事故を起こした事故概要はこちらです。

酒帯び運転の疑いで逮捕されたのは、札幌市の中学校の教論・比留間賢司容疑者(57)です。

比留間容疑者は午前6時前、酒気帯びの状態で車を運転し、札幌市西区八軒で信号待ちをしていたタクシーに追突した疑いです。ケガ人はいませんでした。

警察によると、基準値の2倍以上のアルコールが検出されていたということです。

比留間容疑者は昨夜、家で焼酎2杯と缶ビール1本を飲んだということです。

出典:STV NEWS

今回の事故ではケガ人がいなくて良かったですが、中学校の教頭が飲酒運転をして逮捕されるとは許せないですね。

このニュースを知り、学校関係者や生徒や生徒の保護者も驚きと怒りを覚えていることでしょう。

こちらが事故現場の写真と周辺の地図になります。

スポンサーリンク



比留間賢司容疑者の勤務先の学校

比留間容疑者は札幌市立新川西中学校の教頭として勤務しているようです。

スポンサーリンク



なぜ飲酒運転をしたのか?

比留間賢司容疑者が飲酒運転をした理由ですが、本人は事故を起こした昨夜でお酒を飲み、寝たことこでお酒を抜けていると思ったと供述しています。

しかし、お酒を飲んだ量もですが、お酒を飲んだ時間も夜中まで飲んでいたのではないでしょうか。

飲酒運転をする気がなくてもお酒の量と飲んでからどれくらい時間を空けるのか計算をしていないのは問題です。

実際に信号待ちのタクシーに追突しているぐらいなので多少は酒が残っている感覚はあったのではないでしょうか。

スポンサーリンク



まとめ

中学校の教頭が学校の終業式の日に飲酒運転をし、逮捕されるとはひどいですね。

飲酒運転は誰もがしてはいけないことですが、教育現場で子供の見本にならないといけない立場の人はこのようなことで逮捕されるのはとても遺憾なことです。

幸いケガ人などがでる事故ではなかったことが幸いだと思います。