地域

佐藤康一さんが事故で命を落とす。路線バスがひいた原因について

23日、東京・八王子市で路上で倒れていた男子大学生・佐藤康一さん(21)が路線バスにひかれて命を落とす事故がありました。

佐藤さんが路線バスにひかれた原因についても気になるところです。

今回の事故について調べてみました。

事故概要

スポンサーリンク



事故概要はこちらになります。

23日夜、東京・八王子市で路上で倒れていた創価大学・佐藤康一さん(21)=八王子市=が路線バスにひかれて死亡しました。

23日午後7時半すぎ、八王子市丹木町の路上で「道に人が倒れている」と110番通報がありました。警察官が駆けつけたところ、佐藤さんが倒れていて、病院に運ばれましたが、まもなく死亡しました。

警視庁によると、「西東京バス」の路線バスが、路上に倒れていた佐藤さんを気づかずにひいたということです。バスはそのまま運行を続けていて、男性は人だと思わなかった」と話している。

警視庁は、佐藤さんが路上に倒れていた、いきさつについても調べています。

出典:TBS NEWS

路線バスの運転手ということ、ひき逃げするとは考えにくいです。

気になるのは佐藤さんがなぜ路上で倒れていたのかです。

路線バスが佐藤さんをひいたのが死亡した要因かもしれませんが、その前に違う車などにひかれていた可能性もないとは言えないと思います。

佐藤康一さんのプロフィール

こちらが佐藤康一さんのプロフィールになります。

名前 佐藤康一
年齢 21歳
住所 東京・八王子市丹木町
職業 創価大学の大学生

佐藤さんの顔画像は公開されておらず、SNSのFacebook等のアカウントについても調べてみましらが、「佐藤康一」という同名のアカウンは見つかるも本人と特定できるアカウント発見には至りませんでした。→Facebook佐藤康一検索結果

このような形で佐藤さんが亡くなり、家族も大変ショックで悲しんでいることと思います。

ご冥福お祈りいたします。

スポンサーリンク



事故現場について

こちらが事故現場の写真と周辺の地図になります。

スポンサーリンク



事故原因について

事故原因ですが路線バスの運転手は何かをひいた自覚はありそうですが、まさか人だと思わずにそのままバスの運行を続けたということです。

まさか人が倒れているとは思わないかもしれませんが、何かをひいた自覚があるなら確認はすべきだったと思います。

しかし、一番は本当に佐藤さんが路上で倒れていたのであればなぜ佐藤さんが路上で倒れていた原因のが気になります。

原因としては他の車などにひかれたのか、体調的な問題で急に意識を失ったなどが考えられそう。

また詳しい情報が入れば追記します。

スポンサーリンク



 

まとめ

今回の事故は気になる点がまだありますが、まさか人が路上で倒れているとは思わないと思いますが何か大きなものをひいた自覚があるのであれば一度、停車して確認してもらいたいです。

そこでもし気付いて救護するなどの対応をすれば命が助かる可能性が高まるはずです。

もし路線バスの前に佐藤さんのことをひいた車がいたとすれば本当に許せませんね。

警察もその点を踏まえて捜査をしていることでしょう。