ライフ

成田空港で大韓機のタイヤがパンク!立ち往生したがけが人なし

29日、成田空港に到着した大韓航空の旅客機のタイヤが滑走路でパンクし、機体は誘導道路上で動けなく立ち往生となった。今回の事故について。

スポンサーリンク



成田空港で大韓機のタイヤがパンクする事故が発生

国土交通省によると、午後0時半過ぎに韓国・仁川(インチョン)から成田空港に到着した大韓航空703便、ボーイング777型機のタイヤ1本がB滑走路上でパンクした。滑走路からはタイヤのかけらや金属片が見つかっていて、タイヤ同士をつなぐ車軸が折れていたとのこと。

スポンサーリンク



立ち往生したがけが人なし

成田空港で大韓機のタイヤがパンクし、立ち往生したがけが人はいませんでした。乗客乗員335人を乗せたまま動けなくなったため、乗客はそこからバスで移動することになりました。

 

スポンサーリンク



ネットの声

 

韓国の航空会社は世界中で事故ばかり起こすようですね。かなり普通じゃないと思いますけど、何故日本の航空局が日本の空港に着陸禁止にしないのか意味が良く分かりません。このまま事故が続いて、死亡事故になれば日本の航空局の責任も有るでしょうね。

 

パンクだけなら話が分かるけど、車軸が折れるっておかしくない?
パンクなんて想定内だから、それで車軸が折れる確率は少ないように設計されてるはず。

あくまでも、噂だけど、大韓航空のメンテナンス部品は、作れるものは自国で作っちゃうなんて聞いたことがあります。

簡単に言うと、ボーイングの純正部品は高いので、社外品を使う
純正部品が高いのは、強度、品質、すべてを規格通りに作るから。

 

飛行機なんていつか落ちると割り切って乗る自分でさえも大韓航空機は無理。10年に一度落ちると言われてるチャイナエアラインでさえ余裕の自分がそう思うのだから少しは理解してもらえるだろうか。
最近だとANAやJALの方がLCCより事故の報告も多いし、自分だったら過剰なサービスより事故率で航空会社選びたい。

 

下手したら着陸失敗で大事故になって成田空港が何日も使えないような事態になっていたかも。とりあえず着陸自体は大丈夫だったようで、人的被害もなく良かった。だけどこれは重大インシデントですよ。しっかり原因究明を。

 

元々車軸に問題があり着陸の衝撃で折れてズレたタイヤがパンクした、というところか?
最近この会社インシデント多いので気を付けた方が良い。
経営トップの不祥事続きで、現場のモチベーションが相当低下しているように思う。

 

先日にも旅客機のタイヤがパンクして立ち往生する事故があったばかりです。こんな数日の間にまた同じような事故が起こるのは心配です。整備やらもう一度、改めて改善する必要性を感じます。

 


スポンサーリンク