スポーツ

日本代表 虫対策もポーランド戦では必要!スタジアムに虫が大量

サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会で、日本は28日にポーランドで戦うボルゴグラードでは毎年この時期に蚊などの小さな虫が大量発生する。そのために日本代表とポーランド戦で虫対策も必要となった。

スポンサーリンク



日本代表とポーランド戦では虫対策が必要

大会に向けて新設されたボルゴグラード・アリーナは4万3713人収容可能。側にはボルガ川が流れ、暑い時期には虫の繁殖には絶好の場所にある。海外報道によると、当局は大会の数日前に殺虫剤をヘリコプターで散布。ただ効果はあまりなく、ここで18日に試合をしたイングランドとチュニジアの選手は虫除けスプレーが欠かせなった。この試合で2得点を決めたイングランド代表のFWケーンは「想像以上に虫がいた。目にも口にも入ってくる」と話した。

スポンサーリンク



虫対策について

イングランドとチュニジアの試合後から新しい虫対策としてバニラの濃縮液が使用された。試合前にバニラの濃縮液を会場周辺の木々などに吹き付けた。においはしないといい、担当者は「ファンの不便にならないが、虫を遠ざけるには十分だ」と話したという。

その結果、22日のナイジェリアとアイスランドの試合では虫を気にする選手は少なくなった。日本とポーランドの試合でもバイラが虫から選手を守ってくれるかもしれない。

ボルゴグラード・アリーナ

 

スポンサーリンク



ネットの声

 

殺虫剤よりハエ取り紙をドローンに付けて飛ばして、一匹でも数を減らすとか、日本の殺虫の技術を見せつけて、選手のユニフォームにその成分をかけて試合をする。日本の選手の所には虫が来ないが、ポーランドの選手には虫が集る様になれば、集中力の差で日本が勝つ可能性が増えるかも?
逆に日本の選手の近くに虫が来ないのを知ってマークが厳しくなるかも?
とにかく勝って欲しい。

 

虫対策には、ハッカ油をシーブリーズで5倍に割ったものを体中にぶっかけるといいよ。結構、いい虫除けになる。
ただ、汗で流れやすいから、スプレー容器に大量に作っておいて、こまめにスプレーするといい。
メントール感もあって、暑さ対策にもなる。

 

国によっては慣れてるだろうし気にもならんだろけど、日本にとっては必ずマイナスな状況だと思う。
呼吸の仕方も変わってくると思うし、万全な対策が必要だね。。。

 

虫が入ってくると言いながら得点をあげたイングランドもチュニジアも凄い。日本もこういうことには耐えたりできそうだから頑張ってほしい。

 

虫除け対策って日本が最先端じゃなかったっけ?
事情が判明してこれだの日数が経ってるにも拘らず、まさかそれに対して無策でし試合に挑むなんてことは無いよね?

 

バニラの濃縮液でかなり虫の問題は解決されたようですが日本も独自で対策をしてもらいたいです。虫で試合に集中できないで結果が出せなかったら後悔でしかないです。しっかり対策して必ず決勝トーナメント出場を果たしてほしいです。

スポンサーリンク