地域

オロナミンCが自主回収された!その理由とは?今後どうなる?

オロナミンCが自主回収されるという問題が発生しました。人気ドリンクなどで一度はほとんどの人が飲んだことあり、ファンも多いと思うのでびっくりしている人も多いのではないでしょか。今回、オロナミンC自主回収された理由について紹介します。

スポンサーリンク



オロナミンCが自主回収された問題の概要

今回、自主回収されたのは、大塚製薬が製造を委託している大塚食品の釧路工場で製造された「オロナミンCドリンク」およそ780万本と「オロナミンC ROYALPOLIS」およそ20万本です。

自主回収された問題は、ビンの不具合で、開封時にキャップが勢いよく開いてしまうなどのケースがあるということが7月中旬、キャップが飛んでけがしたという報告があり、判明した。

 

人気ドリンクなのでこのニュースはびっくりでした。開封時キャップが勢いよく飛んでけがをする人が出てはいけませんが開けた側にも問題がなかったのか疑問です。あとは被害が1人だけなのか他にもいるのかもわかりませんからね。特に今までそんなニュースはなかったので自主回収する必要があるのかも疑問です。

 

スポンサーリンク



オロナミンCは今後どうなるのか

今回の問題で対象の工場で生産された一部の商品が自主回収され、回収された場合は商品代を改めて商品券を送るという対応をするということです。

大塚製薬は「今後、いっそうの品質管理の徹底に努める所存でございます」とコメントしている。

 

全てのオロナミンCなどに問題があるわけではなく、製造が中止になるということはなさそうなので安心ですね。人気商品なので心配しましたが品質管理を改善するだけの問題で済みそうなので今後もオロナミンCを飲むことはできます。

大塚製薬とは

会社名 大塚製薬株式会社
本社所在地 〒101-8535 東京都千代田区神田司町2-9
設立年月日 1964年8月10日
代表取締役 樋口 達夫
資本金 200億円
授業員数  5,634名(2017年12月31日現在)

オロナミンCの他にポカリスエット、カロリーメイト、オーエスワンなども有名な商品です。

スポンサーリンク



ネットの声

これは大塚製薬のコンプライアンスがしっかりしていると思うよ。社内調査をやった結果の対応。単なるクレームに負けた結果じゃない。いい会社だよ。だからオロナミンC買ってあげようぜ。

 

キャップが中々開かないより良いと思うけどな~。
加減して開けたら良いだけと思うけど。
メーカーさんは大変だな。

 

昔から、オロナミンCのキャップは元気がある物。
近年は、何かと騒ぎすぎかと個人的には思う。

 

今回の問題の対応はメーカー側もやりすぎな気もしますがこの対応で大塚製薬の印象も上がったのではないでしょうか。正直、炭酸類類なので消費者の開け方に問題があればキャップが勢いよく開くことはあるのでメーカー側だけが悪いとは思いません。どれぐらい被害者がいるかわかりませんが数名だけならメーカーよりは消費者に問題があるのではと思います。

スポンサーリンク