事件

周麗華の顔画像とSNSは?犯行動機は治療方針に不満か

兵庫県の県立がんセンター内で医師が刃物で刺される事件があり、周麗華容疑者(65)が逮捕された。

周麗華容疑者の顔画像とSNSや犯行動機などについて調べてみました。

周麗華容疑者の顔画像とSNSは?

こちらが逮捕された周麗華容疑者のプロフィールになります。

名前:周麗華

年齢:65歳

住所:神戸垂水区

職業:無職

現在のところ周麗華容疑者の顔は現在のところ報道されていませんでした。

SNSのFacebook等のアカウントについて調べてみるも『周麗華』という同名のアカウント発見できるも本人も特定できるアカウント発見には至りませんでした。→Facebook周麗華検索結果

警察の調べに対して周麗華容疑者は「ナイフで刺したのは間違いないが殺すつもりはなかった」殺意を否認している。

周麗華容疑者が逮捕された事件概要

スポンサーリンク



診察を受けている最中に突然、医師を刺したとして周麗華容疑者が逮捕された事件概要はこちらになります。

14日午前9時20分ごろ、兵庫県明石市北王子町の県立がんセンター西楝3階の処置室で「医師が患者に刃物で刺された」と110番があった。

30代の男性医師が胸を刺されており、意識はあるという。明石署は殺人未遂容疑で、入院していた中国籍・無職の周麗華容疑者(65)=神戸市垂水市=を現行犯逮捕した。

周麗華容疑者は同日午前9時ごろ「喉にたんが絡む」と訴え、医師と向き合って診察を受けている際に突然刺したという。病院の警備員が駆けつけて取り押さえた。

出典:KYODO

事件現場

こちらが事件があった兵庫県明石市北王子町の県立がんセンターの地図になります。

スポンサーリンク



周麗華容疑者の犯行動機は?

周麗華容疑者の犯行動機ですが、詳しくは現在のところ明らかにされていませんが以下のようなことが考えられるのではないでしょうか。

  • 治療方針に不満があった
  • 診察までの待ち時間が長くて不満があった

考えられるとすれば上記の2点ではないでしょうか。

診察中に医師の行動に問題がないだけに以前の診察時に治療方針に不満があったか、病院なので待ち時間が長く不満を抱いていた可能性は考えられるのではないでしょうか。

それにしてもひどい事件です。

スポンサーリンク



 

ネットの声

コレだから、外国人労働者を入れると、益々こう言う事件が増えると思う。
この女と医師の間に一体、何があった?それにしてもあり得なければ、やりすぎなのは言うまでもない。
介護も外国人いれるようになるが、刃物を振り回すようでは、人がいなくても採用は、しない。医師に刃物向けるとは、
何事かと思う。人間失格だ!
後遺症も出ませんように。
医療従事者の命を守るため、徹底的に
セキュリティを強化してほしい。
どういった理由があっても、医療従事者を
刺すなんて理解できない。
永住権なければ、早めの退去処分を。