事件

富本成結の顔画像とSNSは?岐阜県高山市の職員が横領!

岐阜県高山市の職員の富本成結容疑者(32)が住民の遺留金を横領したとして逮捕されました。

富本成結容疑者の顔画像とSNSと今回の事件について調べてみました。

富本成結容疑者の顔画像とSNSは?

スポンサーリンク



こちらが逮捕された富本成結容疑者のプロフィールになります。

名前:富本成結

年齢:32際

住所:不定

職業:高山市福祉課の職員

富本容疑者の顔は現在のところ報道されていませんでした。

SNSのアカウントについても調べてみましたが残念ながら同名のアカウントすら発見することができませんでした。

引き続き調査します。

警察の調べに対して富本容疑者は容疑を認めているとうことです。

富本成結容疑者が逮捕された事件概要

岐阜県高山市が住民の遺留金を横領したとして富本成結容疑者が逮捕されました。

事件概要は以下のようになります。

岐阜県高山市福祉課の職員・富本成結容疑者(32)が死亡した住民の遺留金、約868万円を横領したとして警察に逮捕された。

富本容疑者は11月19日に、身寄りがなく死亡した住民の遺留金を警察から預かったものの、その一部の約868万円を横領した疑いです。

11月30日、遺留金の一部、約200万円が福祉課がよく使う公用車で見つかり、約668万円がなくなっていることがわかったということです。

出典:メーテレ

岐阜県高山市の職員が住民の遺留金を横領とは許せない事件ですね。

今回はたまたま発見が早かったので、そこまで横領したお金を使い込んでいることはないと思いますが、このような事件が続くと市職員に対する住民の信用は失いますね。

無事に逮捕されて良かったです。

スポンサーリンク



事件現場

こちらが事件現場周辺の地図になります。

スポンサーリンク



 

富本成結容疑者の犯行動機は?

富本成結容疑者は容疑については認めるも詳しい犯行動機については明らかにされていません。

大金を目にして横領してもバレないと思っての犯行ではないでしょうか。

担当で1人ということであればお金を扱うことが多い職員だと魔がさすこともあるのかもしれませんね。

スポンサーリンク



まとめ

最近、職員によるお金関係の事件も増えてきているように感じます。

今回は割と早い段階で犯行が明らかになりましたが別の事件では職員の不祥事に気づくのが遅かったケースもありました。

お金を扱う課では1人で対応させないことも事件を防ぐ対策の一つではないでしょうか。

1人に任せてしまうともし横領などしていても発見に時間がかかる場合もあるでしょう。

良い対策を検討してくれることを願いたいですね。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。