事件

スーパー「サニー赤坂店」のパンに縫い針が混入!偽計業務妨害の疑い

福岡市のスーパー「サニー赤坂店」で、売り場のパンに縫い針が混入される被害が相次いでいます。警察は偽計業務妨害の疑いで捜査しています。今回の事件について調べてみました。

スポンサーリンク



「サニー赤坂店」のパンに縫い針が混入事件概要

スポンサーリンク




縫い針の混入被害が相次いだのは、福岡市中央区赤坂のスーパーの「サニー赤坂店」です。

警察によりますと、福岡市早良区の男性(20)が15日、このスーパーでパンを購入し、16日に食べたところ、中から縫い針1本が見つかった。

また12日に福岡市城南区の女性(58)が購入して食べたパンにも、縫い針1本が見つかった。

2人とも、口の中に針が入ったとのことだが異変に気付いて吐き出し、けがはなかったとのことです。

2人から連絡を受けた店が、警察に届け出たために事件が発覚し、警察は、同じ店で被害が相次いでいることから、何者かが故意に針を混入させた疑いがあるとみて、偽計業務妨害容疑で捜査をしているとのことです。

 

さすがに縫い針が工場で混入することは考えにくく、2件も同様なことが起きていることから何者かが故意にパンの中に縫い針を混入させた可能性が高そうです。今のところ被害者もけがはありませんが、誤って飲み込んでいたら死にも関わる問題で、とても悪質な犯行です。一日も早く犯人が捕まることを願いたいです。

サニー赤坂店について

こちらの画像が被害があった「サニー赤坂店」になります。

スポンサーリンク



偽計業務妨害容疑の刑罰

他人の業務を妨害する罪で3年以下の懲役または50万円以下の罰金に処されます。

犯人を逮捕したいのことには罰することもできませんが、同一犯の可能性が高く2回罪を犯しているので、罪も重くなるでしょう。

スポンサーリンク



ネットの声

犯人完全に病んでますね。何が犯人にこの様な行動をさせるのか、とにかく早く自分の愚かさに気付くといいのだが。また、パンは一度手でちぎって食べる方が良いと思います。

 

製造工程では入らないからね。意識的に入れないと。防犯カメラは設置されていますか?

 

まさか針が入っていると思わずかぶりつくから怖いなあ。きっと店に恨みでもあるヤツの犯行だろうが、こんな事したって、恨みなんかはれないし、バカな事は止めように言いたい。

 

防犯カメラなどの映像に犯人が映っていればいいのですが、犯人もこの店の常連の客の可能性が高いと思うので、防犯カメラの位置も把握しているかもしれませんがなんとか悪質な犯行でこのままでは近隣の人が安心してスーパーで買い物ができないので一日も早く犯人が逮捕されることを願っています。

スポンサーリンク