国際

タイの洞窟で救助ダイバーが死亡!少年ら13人の救助作業中にて

タイ北部チェンライの洞窟内に閉じ込められた少年ら13人の救助活動にあたっていた、タイ海軍特殊部隊の元隊員の救助ダイバーが死亡。今回の事故について。

スポンサーリンク



タイの洞窟で救助ダイバーが死亡した事故の概要

今回、亡くなった救助ダイバーは潜水士が使用する空気ボンベを洞窟内に運ぶ活動に当たっていた。洞窟の入り口に戻る途中、意識を失い、死亡が確認された。ダイバーの死亡原因については明らかになっていません。

洞窟が大雨で浸水した為に捜索活動もダイバーによる潜水が行われていました。洞窟で行方不明になっていた少年らを発見してからも浸水よって通路がふさがっていた為にダイバーによって食料が届けられたりとダイバーの力が必要でした。捜索活動から救助活動まで長時間、ダイバーとして潜水してきたとなるとかなり、疲労もあったでしょう。救助にあたっていた人もみんな少年らを見つけつため、見かってからも救助の為に頑張ってきているので疲労もかなり溜まっているはずです。もちろん少年らを助けることも大切ですがその救助にあたっていた人が死亡するという悲しい事故です。他の救助にあたっている人も無理しすぎないようにしてほしいですね。

 

救助活動で死亡したダイバーについて

スポンサーリンク




今回、死亡した救助ダイバーは元海軍特殊部隊員のボランティア男性、サマーン・クナンさん(38)です。

洞窟での少年ら13人が行方不明になった事故の概要

タイ北部の国立公園を訪れたいたチームの13人は、現地時間23日午後1時以降、消息が途絶えた。公園の当局者が、立ち入り禁止となっていた洞窟の入り口に複数の自転車が止められているのを見つけている。この形跡から行方不明の13人は洞窟に入っと見られていた。

現地では雨が降り続いており、洞窟の奥に入ったものの雨で水路の水かさが増し、洞窟の入り口から5㎞以上奥に入ったところに少年たちは閉じ込められているとみられていたがダイバーによる捜索活動もあり3日に全員無事で発見された。しかし、通路が浸水でふさがっている為に救出活動が難航しており、潜水での脱出も検討されている。

スポンサーリンク



 

ネットの声

不慮の事故とは言え、元タイ軍特殊部隊であり相当な訓練を経験した大人でさえこの結果を迎えた事を重く受け止め、今後展開されるであろう、子供たちに対してのスキューバ潜水救出作戦は、再検討せざる終えないと思う。確実に無理だと判断されるべき。

 

辛いですね。
プロでも戻るのが難しそうだけど、子供たちにできるのか心配です。
体力も限界がくると思うし。
無事に生還できることを祈ります。

 

 

これは辛いニュース・・・
ご冥福をお祈り申し上げます。

みんな大丈夫かな、コーチ含め体調不良だとか。
酸素を送ったり緊急性があるという事ですね。
早く何とかならないかな・・・

スポンサーリンク