事件

小川猛の顔画像を公開!1億3000万円詐欺の可能性!証券会社の元社員が

証券会社の元社員・小川猛容疑者(59)が顧客の口座からおよそ2400万円を移し替えて、だまし取った疑いで逮捕された。

余罪を含めると1億3000万円の被害額の可能性も。

小川猛容疑者の顔画像を公開し、今回の事件について調べてみました。

小川猛容疑者の顔画像とプロフィール

スポンサーリンク



こちらが逮捕された小川猛容疑者の顔画像とプロフィールになります。

出典:ホウドウキョク

名前:小川猛

年齢:59歳

住所:不定

職業:SMBC日興証券吉祥寺支店の元総務課長

小川猛容疑者のSNSのFacebook等のアカウントについても調べてみましたが「小川猛」という同名のアカウントは発見できるも本人と特定できるアカウント発見には至りませんでした。→Facebook小川猛検索結果

警察の調べに対して小川容疑者は「間違いありません」と容疑を認めています。

小川猛容疑者が逮捕された事件概要

証券会社の元社員の小川猛容疑者が顧客の口座からお金をだまし取った疑いで逮捕された。

こちらが事件概要になります。

SMBC日興証券吉祥寺支店の元総務課課長・小川猛容疑者(59)は、2012年から1013年にかけて、勤務する支店のシステムを使って、12人の顧客の証券口座から、合わせておよそ2400万円を、知人の口座に移し替えるなどしてだまし取った疑いです。

警視庁は小川容疑者が同様の手口で、およそ70人の顧客から、およそ1億3000万円をだまし取ったとみて余罪を調べています。

出典:ホウドウキョク

証券会社の元社員が余罪を含めると顧客から1億3000万円もだまし取っていたとなればひどい事件です。

元社員ということで、ある程度のお金をだまし取ったところで自ら退社した可能性が高そうですね。

いつからいつまでこのような犯行を繰り返していたかわかりませんが、今まで小川容疑者の犯行に気づけない会社側の管理体制にも問題はあるでしょう。

被害に遭われた顧客の被害額の保証が心配です。

小川容疑者は事件発生から逮捕までに年数が経過しているのでお金は使い込んでいる可能性もあることから返済できる能力がないかもしれません。

そうなると返済は会社側が行うことになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク



小川猛容疑者の勤務先

こちらが小川猛容疑者が勤務していたSMBC日興証券吉祥寺支店の地図になります。

スポンサーリンク



犯行動機は?

小川猛容疑者は容疑は認めるも詳しい犯行動機は明らかになっていません。

自分の立場を利用してシステムを触ることが可能だったことからこのような犯行を犯してしましい、同じ犯行を繰り返していくようになったのではないでしょうか。

借金があったのかわかりませんが、簡単に多額のお金を手に入れる方法がわかっていたので魔がさしたのは間違いないでしょう。

スポンサーリンク



 

まとめ

このような事件で思うことは事件発生から逮捕までに時間がかかっていることです。

もっと早い段階で会社側が気づかないと今回のような多額な被害が生まれてしまいます。

何かこのような事件を防ぐ対策をしっかりしてもらわないと顧客も不安ですね。

最後まで記事を読んで頂きありがとうございました。