事件

寺地睦奈之の顔画像!【逮捕】生活騒音のトラブルで同居人に暴行

10日、東京・江戸川区の共同住宅で、入居する70代の男性が死亡しているのが見つかった。同居していた男が男性の顔を殴るなどしたとして傷害の疑いで逮捕されました。逮捕されたのは寺地睦奈之容疑者です。容疑者の顔画像や事件概要について調べてみました。

スポンサーリンク



寺地睦奈之容疑者の顔画像とプロフィール

名前 寺地睦奈之
年齢 46歳
住所 東京・江戸川
職業 無職

寺地容疑者の顔画像は公開されていませんでした。Facebook等でも探しましたが寺地容疑者と特定できるアカウントは見つかりませんでした。

NPO法人が生活に困窮した人たちの為に運営している共同住宅に住んでいるぐらいなので、スマートフォンなど携帯は所持していない可能性が高そうですね。

この年齢で無職なので結婚や子供いない可能性も高そうです。両親はまだいると思いますが、実家にいないということは両親とは不仲なのかもしれません。

警察の調べに対して、寺地容疑者は「生活の騒音をめぐって口論となり、顔お殴り、腹を蹴った」と容疑を認めてるいるということです。

寺地睦奈之容疑者が逮捕された事件概要

10日午後2時ごろ、東京・江戸川区東葛西にある共同生活で、70代の男性が死亡しているのを訪れたNPO法人の男性が見つけました。

警視庁が操作を進めたところ、同じ部屋に住む無職の寺地睦奈之容疑者(46)が9日深夜、男性の顔を殴るなどしたとして傷害の疑いで逮捕されました。

警視庁によると、この共同受託は生活に困窮した人たちを支援するNPO法人が運営していて、死亡した男性は6畳1間の部屋で寺地容疑者と生活していたとのことです。

生活騒音をめぐるトラブルで男性を同居していた男性に暴行し、死亡させてしまうという事件が起きてしまいました。

隣同士の部屋や家でも生活騒音のトラブルはよくあるのに友人や家族でもない人と同じ部屋に住むとなれば余計にトラブルの原因だと思います。

他人と同居となれば日々ストレスに感じることも多いと思うので、面識のない他人が同室に住んでいたとなれば問題かもしれません。

寺地睦奈之容疑者の犯行動機について

スポンサーリンク



寺地容疑者の犯行動機ですが、寺地容疑者も「生活の騒音をめぐって口論となり、顔を殴り、腹を蹴った」と容疑を認めているということで、一番の原因は生活の騒音でしょう。

しかし、他人と同室で生活するということで気は遣うと思うので、日々ストレスを感じ蓄積していたのかもしれません。被害者の男性とは年齢差もあるので余計にかもしれませんね。

スポンサーリンク



まとめ

今回のようなトラブルが原因の事故は今後、増えてくるかもしれません。寺地容疑者も暴行するほどストレスを抱える前にNPO側に相談すれば良かったと思います。どんな理由があっても暴行して殺害はいけないのでしっかり罪を償ってもらうしかありません。

スポンサーリンク