事件

堤大志郎の顔画像!【逮捕】女子高生と会社員を引き合わせた

女子高生と客の男性会社員を引き合わせ売春させたとして、堤大志郎容疑者が逮捕されました。堤大志郎容疑者の顔画像や事件概要と犯行動機について調べました。

スポンサーリンク



堤大志郎容疑者の顔画像とプロフィール

名前 堤大志郎
年齢 44歳
住所 住所不定
職業 無職
容疑  児童福祉法違反、売春防止法違反

堤大志郎容疑者の顔画像は公開されていませんでした。Facebook等でも探しましたが堤大志郎容疑者と特定できるアカウントは見つかりませんでした。もし公開されることがあれば追記します。

年齢的には結婚して子供がいてもおかしくはないですが、この年齢で無職なので独身の可能性が高そうですね。

警察の調べに対して、堤大志郎容疑者は「18歳だと思っていた」などと容疑を一部否認しているようです。

堤大志郎容疑者が逮捕された事件概要

スポンサーリンク



逮捕された堤大志郎容疑者は、平成29年12月11日午後10時ごろ約40分の間に、川崎市川崎区内のホテルの一室で、当時17歳で高校2年だった女子生徒(18)=横浜市鶴見区=を客の男性会社員(27)と引き合わせ、売春させたとしている。

また同月21日午後7時40分ごろから約1時間半の間、川崎市川崎区の路上で、女子生徒を別の客の男性会社員(29)と引き合わせ、ホテルで売春されたとしているという。

なぜ今になって事件が発覚がしたかは明らかになっていませんが、堤大志郎容疑者の売春行為は許せませんね。

また当時女子高生だった女性もいけないことなのはわかっていたはずなので、断るべきでした。

客の男性客もおそらく、女子高生と知り売春した可能性が高いと思います。その方が客も捕まりやすく、堤大志郎容疑者も稼げると思うので。

余罪についてもないか気になるところですが今後の調べで明らかになるでしょう。

 

堤大志郎容疑者の犯行動機

堤大志郎容疑者の犯行動機ですが、当時女子高生だった女子生徒が18歳だったと思ったと容疑を否認しているので明らかになっていません。

おそらく、女子高生もお金が欲しく堤大志郎容疑者も女子高生ということを売りに客を集めて稼ぎたかったことが、犯行動機でしょう。

逮捕容疑の刑罰について

  • 児童福祉法違反:満18歳未満の者に禁止されている行為をさせることで、酒の席での接待や淫行などです。違反者には10年以下の懲役や300万円以下の罰金が科される場合がある。
  • 売春防止法違反:売春自体を処罰するのではなく、売春の周旋(2年以下の懲役または5万円以下の罰金)や場所の提供(3年以下の懲役または10万円以下の罰金)や売春を助長する行為等が処罰の対象となるようです。

今回の場合は堤大志郎容疑者はこの2つの容疑で逮捕されているので、両方の刑罰が下るでしょう。

スポンサーリンク



まとめ

18歳未満の女子生徒に売春を持ちかける容疑者も許せませんが、女子生徒と18歳未満と知りながら売春する客も許せません。

容疑者も客も18歳未満だと知らなかったと言えば済むと思っていたのでしょう。

こうなると18歳未満の女子生徒だけが、犯罪と知りならが行なっていることになるので、この手の犯罪をなくすには18歳未満の女子生徒側も罰せられる仕組みにしないとなくならないと思います。

スポンサーリンク