事件

山田千賀子に実刑判決が下る!てるみくらぶ元社長に判決がついに

旅行会社「てるみくらぶ」元社長で詐欺罪などで逮捕された山田千賀子に対して、東京地裁は実刑判決が下した。実刑判決の内容や事件の概要について紹介します。

スポンサーリンク



山田千賀子に実刑判決が下る判決の内容

旅行会社「てるみくらぶ」(東京都渋谷区、破産手続き中)の融資金詐欺事件で、詐欺罪などに問われた、元社長・山田千賀子飛行(68)に対し、東京地裁は20日、懲役6年(実刑8年)を言い渡した。河本雅也裁判長は「会社が債務超過に陥っていたのに、経営継続のために犯行を企てており、被告の責任は重大だ」と述べた。

 

「てるみくらぶ」元社長に実刑判決が下りましたが「犯行の計画性、常習性は明白で、手口も巧妙だ」とされた。被害者も多いく、被害額も大きいので軽い判決がく下らなくて良かったです。

「てるみくらぶ」の融資金詐欺事件の概要

17年3月、東京地裁から破産手続き開始の決定を受けた。その際、すでにツアーを申し込んで代金を支払っていた顧客が、航空券を入手できなかったり、ホテルに宿泊できなかったする事態が相次いだ。

同社の経営状況を良好に見せかけた虚偽の決算書類を都内の二つの銀行に提出。2016年6月~17年2月、ツアー代金支払いなどとした架空の名目で、計約5億4000万円の融資金を両行からだまし取った。被害額の大半は返済されていない。

 

多額な被害額が出ていますし、たくさんの旅行を楽しみにしていた気持ちも台無しにしたので許せない事件ですね。実刑判決が下ったので被害者も少しが心が報われたのでないでしょうか。

スポンサーリンク



山田千賀子被告について

名前 山田千賀子
年齢 68歳
職業 てるみくらぶ元社長

 

ネットの声

はれのひの件もそうだけど、
被害者は銀行ってことになるじゃん?
自分らのザル審査棚に上げて、被害者ヅラ?
晴れ着が着れなかったり、旅行行けなかった方々は
また金積んで民事裁判?なんか変じゃない?

 

この人やはれのひのお陰で、銀行から運転資金借りる時の審査が厳しくなり、色々な書類を出さなければいけなくなりました。手間が増えて、自分も被害者の一人だと思うよ。

 

こういう詐欺は被害額に応じて懲役年数を決めたらいいんじゃないかと思う。
1千万で5年とか。
出所してからも、税金の様に徴収する仕組みを作る必要があると思う。

 

今回の山田千賀子被告に実刑判決が軽いのではという声がありますが被害にあった人からすると楽しみにしていた旅行が戻ってくるわけではありませんからどんな判決が下っても許せる問題ではないですよね。旅行会社をやっていた山田被告が旅行する人の気持ちを台無しにしたとは本当に許せない事件です。

スポンサーリンク