地域

山崎ツギ枝さんが土砂崩れにより死亡!犬を助けるために犠牲に

福岡県筑紫野市の山中で飼っていた犬の様子を見に行き、豪雨による土砂崩れに巻き込まれて死亡したのは山崎ツギ枝さん(68)です。今回の事故についてと山崎さんについて紹介します。

スポンサーリンク



山崎ツギ枝さんが土砂崩れにより死亡した事故の概要

福岡県筑紫野市の山中で飼っていた犬の様子を見に行き、豪雨による土砂崩れに巻き込まれて山崎ツギ枝さん(68)=同県宇美町=が亡くなりました。

山崎さんは6日、「どうかしてイヌ助けたい」とのメールを最後い連絡が途絶えて、7日に遺体がみつかりました。

団体は保護した捨て犬を山中で飼育。山崎さんは十数年前から毎日のようにこやに通い、エサやりなどで犬の面倒を見ていた。

 

山崎さんが飼っていた犬の様子をみに行くために土砂に巻き込まれて亡くなるという悲しい事故になってしまいました。犬を飼っている人からすると家族同然な犬なので心配でいてもたってもいられなかったんでしょう。

 

山崎さんの犬は無事だったのか

山崎さんが遺体で見つかってから消防隊員が犬を探しに向かったが見つからず、死んだと思われていました。しかし、捨て犬保護のボランティア団体のメンバー14日、犬を発見した。探していた3匹のうち、1匹が生きていたという。

団体の主宰する長沢由起子さん(67)によると、山中にメンバーが犬を探しに行くと、泥に埋まったと思われていた犬小屋が残っており、外にいたオスの雑種「くーちゃん」が近寄ってきた。小屋は鍵が空き、出入りできる状態だったとのことです。

くーちゃんを診察した獣医の話では、くーちゃんは衰弱しているが元気と話している。

 

山崎さんが自分の命を犠牲にしても飼い犬を助けようとした気持ちが周りの人の気持ちを動かしたのかもしれませんね。1匹だけでも生きていて本当に良かったですね。諦めない気持ちが奇跡を起こした命だと思います。

 

スポンサーリンク



福岡県筑紫野市の事故現場

ネットの声

とても大事にされたワンちゃんですね。
ご冥福を心よりお祈りいたします

 

山崎さんの最期のお願いを神様が少しだけ聞いて下さったんでしょうか。天災には勝てないけど、あまりに悲し過ぎます。

 

このイヌたちを捨てたやつは、間接的に殺人を犯したも同然と思う。
論理は飛躍してるのは自分でも分かってるけど。

 

今回の事故で山崎さんが亡くなるという悲しい事故になってしまいました。飼っていた犬を助けるためにということで本当に犬が好きで優しい人だったんでしょう。山崎さんの気持ちが他のメンバーにも伝わり「くーちゃん」を無事に保護することができました。これからもくーちゃんは大事に育てられ元気に生きてくれること願っています。

スポンサーリンク