事件

吉田和子の顔画像、SNS、処罰は?夫の介護に疲れ犯行

15日、神戸市で認知症の70歳の夫の吉田良一さんを殺害しようとした疑いで、妻の吉田和子容疑者(69)が逮捕されました。

吉田容疑者の顔画像、SNS、処罰などについて調べてみました。夫の介護に疲れての犯行か。

吉田和子容疑者の顔画像とSNS

名前 吉田和子
年齢 69歳
住所 神戸市中央区二宮町
職業 無職
容疑 殺人

吉田容疑者の顔画像は報道されていませんでした。SNSのFacebookでも探しましたが「吉田和子」という同名のアカウント多く確認できたのですが本人のアカウントの特定には至りませんでした。年齢的なことも考えたSNSを利用していない可能性が高いと思われます。

警察の調べに対して、吉田容疑者は「介護に疲れ借金もありもう生きていけないと思った。夫を先に楽にしようと思って殺そうとした」「誰かに相談すればよかった」と供述しています。

吉田和子容疑者が逮捕された事件概要

スポンサーリンク



引用:8カンテレ

 

介護している夫の首を絞めるなどして殺害しようとしたとし、無職・吉田和子容疑者(69)=神戸市中央区=が逮捕されました。

吉田容疑者は15日午後2時すぎ、自宅1階の居間で寝ていた夫の良一さん(70)の首をベルトやストッキングで絞めるなどして殺害しようとした疑いが持たれている。

吉田容疑者自ら110番通報し、良一さんは病院に搬送されるも脂肪が確認された。

警察は容疑を殺人に切り替えて詳しく状況を調べています。

引用:サンテレビ

 

引用:8カンテレ

事件現場の写真とマップになります。

 

今回の事件ではよし容疑者が介護に疲れて夫を殺害するという事件が起きました。おそらく、吉田容疑者は相当精神的に追い詰められていたのだと思います。夫の介護と借金があるということで辛かったんでしょう。確かにそんな状況ならば自殺や刑務所に入った方が良いと考える人もいると思います。子供がいても不思議ではないので、誰かこの夫婦を助けてあげる人がいればこの事件が起きなかったと思われるので、その点は悔やまれる事件です。

吉田和子容疑者の犯行動機と処罰

吉田容疑者の犯行動機ですが、夫の介護と借金で疲れてしまったことが原因でしょう。精神的に追い込まれての犯行だと思われます。

吉田容疑者は殺人未遂の容疑で逮捕されましたが夫の良一さんが死亡したので殺人の容疑で逮捕となると思います。殺人罪の処罰は、死刑または無期もしくは5年以上の懲役ということで、罰金刑もない重い罰になります。年齢的にも残りの人生刑務所ということも考えられそうです。

スポンサーリンク



ネットの声

このような事件はもう他人事じゃない。私たちの近い未来にはもっと同じような事件が起こるんじゃないだろうか。

 

お子さまはいらっしゃらなかったのでしょうか。なんと悲しい人生の結末、、、。罪は深くてもご夫婦は楽になれたらいいですね。

 

自分も介護経験者だが
もし介護が大変だからと手を抜いたり介護放棄すれば虐待と言われ
一所懸命やれば自分の命を縮めてしまいかねない(失神した経験あり)
介護保険で出来ることにも限界がある
そういう極限状態の時に国は何をしてくれるのか
国民にはっきり示してもらいたいものだ