地域

遠藤祐一 顔画像とSNSは?事故で小学生2人がけが。事故原因は?

10日、山形県の市道で乗用車が横断歩道を渡っていた登校中の小学生の列に突っ込み、小学生2人にけがさせたとして、遠藤祐一(62)が逮捕されました。

遠藤祐一容疑者の顔画像やSNSと今回の事故について調べてみました。

遠藤祐一容疑者の顔画像とSNSは?

スポンサーリンク



こちらが逮捕された遠藤祐一容疑者のプロフィールになります。

名前:遠藤祐一

年齢:62歳

住所:南陽市宮内

職業:会社員

容疑:道交法違反

遠藤容疑者の顔画像は現在のところ報道されていませんでした。

SNSのFacebook等のアカウントについて調べてみましたが「遠藤祐一」という同名のアカウントは見つかるも本人と特定できるアカウント発見には至りませんでした。→Facebook遠藤祐一検索結果

遠藤祐一容疑者が逮捕された事故概要

小学生が横断歩道を渡っている列に乗用車で突っ込み、けがさせたとして遠藤祐一容疑者が逮捕された事故概要はこちらになります。

10日午前7時25分ごろ、山形県南陽市三間通の市道で、乗用車が横断歩道を渡ってい登校中の小学生の列に突っ込み、1年の男児(7)と4年の女児(9)が打撲などの軽いけがをした。

この事故で乗用車を運転していた会社員・遠藤祐一容疑者(62)=南陽市営内=が道交法違反の疑いで逮捕された。

現場は信号機はなく、小学生4人が横断していた。遠藤容疑者の前方不注意が原因とみて調べている。

 出典:iZa

小学生4人が横断歩道を渡っている列に乗用車が突っ込むという恐ろしい事故です。

遠藤容疑者の前方不注意が原因とみられているということで、もっと緊張感を持って集中して運転してもらいたいものです。

しかし、小学生2人が軽傷の軽いけがで済んでいるのは幸いでした。

場合によっては小学生の命を奪っていても不思議ではない事故です。

スポンサーリンク



事故現場

事故現場周辺の地図になりますがこの地図内の信号機がない横断歩道が事故現場になります。

スポンサーリンク



遠藤祐一容疑者の事故原因は?

遠藤祐一容疑者が起こした事故原因ですが前方不注意とみられています。

年齢も62歳ということで、注意力も欠けてはくる年齢で他に気を取られて運転して今回のような事故を起こしてしまったのではないでしょうか。

しかし、ひき逃げをせずにきちんと対応はしていると思われるのでその点は良かったと思います。

スポンサーリンク



まとめ

今回は小学生が横断歩道を渡っている列に車が突っ込む事故が起きましたが、信号がない横断歩道では歩行者が優先で車は横断しようとしている歩行者がいる場合は停車する義務があります。

しかし、現実は逆で歩行者が横断歩道の前で車が通り過ぎるのを待っている事が多いです。

信号のない横断歩道に歩行者がいる場合は停車して歩行者を先に横断させてあげることを心がけてもらいたいです。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。